万が一の保証もある

専門の販売店を利用しよう

リサイクルトナーや汎用のトナーを利用しての故障は、メーカーの修理が受け付けてもらえなかったり、純正以外を購入者の判断で使用した事にいより有償修理になります。しかし仕事で使う事の多いレーザープリンターは使用頻度が高い為、思わぬ不具合も出やすいのでメーカー修理に出していると使用コストが高くなってしまいます。 これでは安くリサイクルトナーを購入しても勿体ないのです。リサイクルトナーを使うなら修理や不具合のあったカートリッジの取り換え保障がついているリサイクルトナー販売会社を探しましょう。 これならトナー自体に不具合があっても、本体にトナーが原因のトラブル、またそれ以外の問題があっても対応してもらう事が出来ます。

今はもう安く買うだけの時代ではなくなりました

リサイクルトナー販売会社の中では、売るだけに特化したものもあります。そういった場合トナー本体の価格はやはり安くなります。 ですがこれから資料作成などという時にプリンターの不具合が起きてしまったなど、仕事の面でお客様の信用も関わりかねない故障が起きないとも限りません。そのような場合には多少リサイクルトナーの単価が高かったり、修理のサービスオプションの料金が発生しても修理つきのリサイクルトナー販売会社を選ぶ事が大切です。 提出期限をいつも守れる。約束した時間よりは早いけれどお客様に資料をファックスする。そういう事の積み重ねが会社の信用を作っていきます。 故障というイレギュラーを視野に入れ、なおかつ低コストで運用する事が出来るリサイクルトナー販売を選びましょう。