リサイクルトナーとは

リサイクルトナーの利用方法

リサイクルトナーについて、レーザプリンターはトナーという筒状のものに粉末のインクが入れられています。そのインクをパソコンから送られたデータに従い、紙に熱を加えて定着します。トナーはプリンターを購入したメーカーのものしか使用出来ません。他メーカーのプリンターへの設置は不可能です。リサイクルトナーとは各プリンターメーカーの純正トナーを使用し中身のインクを補給して使用します。純正より安価に購入出来るので経費コストの削減が可能です。インターネットでも販売サイトがたくさんあるので利用しやすいです。最初の購入時に空のトナーを業者へ郵送する必要があります。その後、インクを充填して郵送してもらうという購入システムです。リサイクル料金はメーカー・インク分量によりまちまち、リサイクル販売業者同士の競合となります。

純正との料金やサービスの違い

リサイクルと純正トナーの違いやメリット、デメリットを記載します。純正はメーカーがプリンター用に作ったインクなので安心で印刷クオリティを100%引き出せます。コストは高く、プリンター本体を安く販売し消耗品で利益を上げる販売方法が定着しております。リサイクルトナーのメリットは純正より安価で使用出来ることです。デメリットは100%印刷クオリティを発揮出来ない可能性とプリンターにトラブルが発生した場合、メーカー保証の対象外になります。メーカーは純正トナーを推奨しております。リサイクルを活用する場合は以上のようなリスクがあることを理解して活用してください。プリントしたものを商品として販売するのでしたら純正を使用することをお勧めします。